So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

大前研一 稼ぐ力をつける「リカレント教育」 [人事3-人材育成・グローバル人材・評価]

大前研一 稼ぐ力をつける「リカレント教育」(誰にも頼れない時代に就職してから学び直すべき4つの力) (OHMAE KENICHI RECRUIT EDITION)

大前研一 稼ぐ力をつける「リカレント教育」(誰にも頼れない時代に就職してから学び直すべき4つの力) (OHMAE KENICHI RECRUIT EDITION)

  • 作者: 大前研一
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: 単行本
まあ、ランニングだって走り続けないと走れなくなります。学びもおなじですよね。

内容紹介

令和の時代を迎え、大前研一氏がもっとも訴えたい
テーマの1つがこの「リカレント教育」です。
リカレント教育とは、社会に出てから10年おきに
「学び直す」ことを意味しますが、大前氏が
強調するのは、稼ぐ力をつけるための学び直しです。
社会の急速なデジタル化により、大学や大学院で
学んだことも一瞬で陳腐化してしまう時代です。
このままでは定年まで乗り切ろうとする発想では
生き残れません。
リカレント教育の意義、答えのない時代に
求められる自ら答えを見つけ突破力をつける
生き方がわかります。

まえがき
第1章 人工知能時代の「リカレント教育」
日本政府がリカレント教育に目をつけた理由
「生涯現役」を前提とした学ぶ姿勢
低欲望社会化が進めば、日本は没落国家になる
キャリア全体にわたってなされるもの
人工知能に負けない人材を育てる
解雇規制の緩和を進めることができない
「同一労働同一賃金」で世界の逆を走る
世界で戦える人材を目指せ

第2章 デジタル時代に不可欠な「リカレント教育」
専門性なきホワイトカラーが溢れる
今いる人材を「稼働させよう」とする日本企業
ハイブリッド技術は生き残れるか
完全自動運転を目指す各自動車メーカー
「所有」から「シェア」に流れる市場
プラットフォームに淘汰される日本の自動車メーカー
五年先の展望さえ描けない
日本の銀行の危機的状況
一人一億円でリストラを実行した三越伊勢丹

第3章 「リカレント教育」で日本の教育は変わる
社会人のニーズに応えることができない大学
社会人の学び直しの場と考えていない
東京大学が世界大学ランキング四二位
日本の論文は引用されない
ノーベル賞が日本から出なくなる日
「図書館をつくれ」と言う役人
古いアカデミック重視が招いた教員不足
文部科学省が定める教育方針の限界
セオリー・オブ・ナレッジ
厳しい審査をクリアできる教員の条件
使えない大卒者を増やしてはならない
「稼ぐ力」こそ、最高の貯金

第4章 北欧、ドイツの「リカレント教育」先進国から学べ
リカレント教育発祥の地 スウェーデン
リカレント教育の文化がH&Mを生んだ
グローバル企業を生み出すフィンランド
幼少期からの起業家教育
デンマークの「雇用制度・労働市場」
「EUの優等生」に変貌したドイツ
大企業が担う社会的教育機能
フォルクスワーゲンの教育
ファーウェイの社員教育
世界の潮流と逆を走る日本


第5章 「リカレント教育」で構想力を育てよ
「見える化」が日本人を伸ばす
年代によって異なる学び直すべきこと
「構想」を生み出す力
育てるべきは「構想力」
「新省庁」を設置すべき
ピラミッド型組織を刷新したシャープ
三〇代の起業家を次々に輩出するリクルート
うまく事業転換できているリクルート
事業成長と人材成長を好循環させるサイバーエージェント
挑戦する企業文化を育てる「新卒社長」
若手社員には徹底的な鍛錬を施す
「コア人材」と「ノンコア人材」を分けて育てる
六〇代の学び直しは、生涯現役への架け橋
退職後の起業で東証一部上場
加山雄三氏の胆力

4 books in 2020

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? [人事3-人材育成・グローバル人材・評価]

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)

  • 作者: 山口 周
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/07/19
  • メディア: 新書
これからは、MBAでなくMFA(Master of Fine Arts)だそうです。
●文学を読むー自分にとっての「真・善・美」を考えるにあたって、最も有効なエクササイズ。

商品の説明 

◎もはや論理的思考・MBAでは戦えない……
◎「直感」と「感性」の時代
◎組織開発・リーダー育成を専門とする
コーン・フェリー・ヘイグループのパートナーによる、
複雑化・不安定化したビジネス社会で勝つための画期的論考

【本文より】
グローバル企業が世界的に著名なアートスクールに幹部候補を送り込む、
あるいはニューヨークやロンドンの知的専門職が、早朝のギャラリートークに
参加するのは、こけおどしの教養を身につけるためではありません。
彼らは極めて功利的な目的で「美意識」を鍛えているのです。
なぜなら、これまでのような「分析」「論理」「理性」に軸足をおいた経営、
いわば「サイエンス重視の意思決定」では、今日のように複雑で不安定な
世界においてビジネスの舵取りをすることはできない、
ということをよくわかっているからです。
では、そのように考える具体的な理由はなんなのでしょうか?

【小見出し抜粋】
名門美術学校の意外な上顧客/「論理」と「理性」では勝てない時代に/
「直感」はいいが「非論理的」はダメ/哲学を鍛えられていた欧州エリート/
クックパッド紛争は「アート」と「サイエンス」の戦いだった/
アカウンタビリティは「無責任の無限連鎖」/
千利休は最初のチーフクリエイティブオフィサー/
経営者はなぜデザイナーに相談するのか?/エキスパートは「美意識」に頼る/
全てのビジネスはファッションビジネス化する/
なぜマッキンゼーはデザイン会社を買収したのか?/
システムの変化にルールが追いつかない世界/
エリートを犯罪から守るための「美意識」/マインドフルネスと美意識/
「偏差値は高いが美意識は低い」という人たち

【著者紹介】
山口周(やまぐちしゅう) 1970年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒業、
同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、
ボストン・コンサルティング・グループ等を経て、組織開発・
人材育成を専門とするコーン・フェリー・ヘイグループに参画。
現在、同社のシニア・クライアント・パートナー。専門はイノベーション、
組織開発、人材/リーダーシップ育成。
著書に『グーグルに勝つ広告モデル――マスメディアは必要か』
(岡本一郎名義)『天職は寝て待て――新しい転職・就活・キャリア論』
『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』
『外資系コンサルの知的生産術――プロだけが知る「99の心得」』
(以上、光文社新書)、
『外資系コンサルのスライド作成術――図解表現23のテクニック』
(東洋経済新報社)など。神奈川県葉山町に在住。

3 books in 2020

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ハイコンセプト [人事3-人材育成・グローバル人材・評価]

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2006/05/08
  • メディア: 単行本
14年も前の本なのですね。最近の本かと思うくらい、今に合う話です。


①この仕事は、他の国ならもっと安くやれるだろうか?
②この仕事は、コンピューターならもっと早くやれるだろうか?
③自分が提供しているものは、豊かな時代の非物質的で超越した欲望を満足させられるだろうか?


●これからは、「カンニングOK」の社会になる。答えがない事だらけになるから。

●ベートーベンは理屈っぽい曲で左脳型、モーツァルトは純粋無垢の右脳型。

●18C「農業の時代(農夫)」19C「工業の時代(工場労働者)」20C「情報の時代(ナレッジワーカー)」21C「コンセプトの時代(創造する人、他人と共感できる人)」

●デザイン専門誌にふれる

●質のいい短編を読む One Story

●もし、自分の口座に2000万ドルあり、しかも、あと10年も生きられないとしたら、今やっていることをやり続けるだろうかと自問してみなさい。

2 books in 2020

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

神奈川マラソン [A1.ランニング]

84578404_2871219689598417_5575646468296933376_n.jpg

さて、2時間切り目標の「神奈川マラソン」です。スタートが11:30なのと、電車で1時間もかからないので、かなり余裕です。天気も最高で、最高温度は14.5度と「おいおい、天気よすぎじゃね」ってな感じですね。

前回アップしていなかったので、最初はスピードが上がりませんでした。ということで、今回は、少しアップをしてからのスタートです。大会には1時間半前に行くといろいろ余裕でできるので、今後も1時間半前に着くようにしようと思います。

最初は、5分30~45秒くらいで走ります。前回と一緒で、「気持ちがいい」というような余裕はありませんが、なんとか行けます。70歳代くらいのお爺さんがちょうど前にいたので、後ろについて行くことにしました。道が狭いので、遅い人を縫うように走ります。

10kmは、AscicsLabでの10km走予想の58分49秒よりも速い、56分28秒でした。ということは、10km走だったらもっといけるということになります。

12kmあたりからお爺さんは給水の時からわからなくなりましたので、自分のペースで行きます。13,14kmあたりでちょっと気持ちよくなり、「これはいけるかな」とおもっていたところ、15kmあたりから、右わき腹が痛くなってきました。「うう、ヤバイ」とだましだまし6分1~15/kmで走ります。6分まで戻した時もありましたが、ここまでです。ラスト2kmで9分半しか残っていません。ということで、2時間3分18秒で5分51秒/kmでした。

「う~ん、残念」2時間切れそうでしたね。しかし、Ascis Running Lab恐るべしです。予想の2時間4分6秒とほとんど変わらないタイムでした。


ということは、来月の板橋フルは、Lab予想の4時間半いけるかな!?


今回は、公式ハーフ大会と言う事もあり、高校大学の陸上部の選手も大勢参加し、80代もいるという、それこそ老若男女のイベント言う感じでした。はい。

スクリーンショット 2020-02-02 17.00.58ee.pngスクリーンショット 2020-02-02 17.01.47.png


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ランニングシューズ [A1.ランニング]

IMG_1132.jpg

ランニング始めて20年、一体、何足のランニングシューズを履いたでしょうか。現在は、この8足です。最近は、この中央のNIKEズームフライ3の2足ですね。非常に走りやすくて気に入っています。右前の2足は、オンラインで自由にデザインができるやつで、なるべく真っ黒にして、会社用にしています。しかし、だんだん、厚底に変えていく気がします。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

Asics Running Lab [A1.ランニング]

Ascis Running Labなるものがあると聞き、早速走り方など総合チェックをしてもらいました。21,400円もするんですが、この際、ちょっとやってもらおうと思い、思い切って申し込みました。


約2時間半、いろんな測定をしてもらいました。

要約すると

1)脚の筋肉は右は標準、左が標準以下。

2)身体のやわらかさは、上脚裏と内転筋が固い。他は大丈夫。

3)外反母趾

4)右足が内から入っている。

5)反り腰

という事です。大体はわかっていましたが、右足が内から入っているのは知りませんでした。今後は、外側から入るように意識します。

現在の心肺から行くと、フルは、4時間26~43分、ハーフは、2時間4分6秒、10kmが58分49秒だそうです。

11月の福岡マラソンは5時間20分、12月湘南マラソンは、4時間52分でしたので、それよりも速く走れる可能性があると言う事らしいです。

週末のハーフは2時間切りたいんだけどな、

IMG_1130.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

法律家が教える LGBTフレンドリーな職場づくりガイド [人事6 ダイバーシティ]

法律家が教える LGBTフレンドリーな職場づくりガイド

法律家が教える LGBTフレンドリーな職場づくりガイド

  • 作者: 藤田 直介
  • 出版社/メーカー: 法研
  • 発売日: 2019/12/10
  • メディア: 単行本
LGBTの人は日本で8.9%くらいいるそうです。そうすると、凄く大きな割合になりますね。そういう意味で、企業は、この人たちへの配慮をしなければなりません。
企業も、いい人材を確保するためにも、誰でも活躍できる職場を作る事がSustainableだと思います。
1 book in 2019

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

ハイテクハーフマラソン [A1.ランニング]

82103247_2828897090497344_6818673659469627392_n.jpg

今年の初レースです。2015,16,17年と三年続けて出ていたハイテクハーフマラソンです。結構エリートランナーが多い大会です。ハーフマラソンって言っているのにフルも追加されたようです。しかし、ほとんど沿道の応援のないコースでフルは大変です。まあ、上級者の練習向けでしょう。


最初の半分は6分/kmで走り、後半を5分半という感じで、ぎりぎり2時間切れるか挑戦しようというのがコンセプトでした。最初の1kmはアップをしていなかったので、スピードがでず、6分半となってしまいました。その後は、6km弱で走れたので、平均6kmは維持できます。

しかし、「凄い楽」というわけではなく、「う~んちょっ楽ではないかな」くらいの感じです。7~8kmあたりから、「ちょっとしんどくなり」、11km過ぎからは、ペースメーカーにしていた人についていけなくなりました。ただ、速度をみるとまだ6分では刻めています。

もう、5分台は無理なので、6分でどこまでいけるかの勝負になりました。18,19,20kmでは6分10秒くらいになりましたが、貯金があったので、結局6分平均で行け、2時間07分04秒(3895位 / 4977人中)となりました。結構心肺に負担掛ける走り方で久しぶりにこんな走り方をしました。一応過去3回よりいいタイムなのでよしとしましょう。

3週間後の「神奈川ハーフマラソン」では、5分42秒以下で刻めば、2時間を切れます。しかし、そうすると、楽しくないだろうな~、きつそう。楽しむか、達成感を味わうかですね。3週間の練習次第です。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

カルロスゴーン [D1.政治・経済・社会]

OIP.jpg

これも新春早々飛び込んできたニュースです。執行猶予中のゴーンが、日本を不法に出国し、レバノンに行ったという事です。理由は、長い期間拘束されたりして、有罪ありきの方針の日本の司法に異様性を感じたための脱出だったそうです。

それを100%理解しても、この行動は違法なのでダメなのではないですかね。

レバノン政府は引き渡しに応じないとの事です。そうすると、これは、否定はしていますが、レバノン政府が関与している事は明白です。小国レバノンが日本に敵対関係になるリスクを冒してまで、一民間人を保護するとなると、ゴーンとレバノン政府高官との癒着とかが当然疑われますよね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

米のイラン司令官殺害 [D1.政治・経済・社会]

無題2.png無題.png

また、ショッキングなニュースが正月早々飛び込んできました。米国が、イラクの首都バグダッドで行った空爆で、イラン革命防衛隊(IRGC)の精鋭部隊「コッズ部隊(Quds Force)」のガセム・ソレイマニ(Qasem Soleimani)司令官を殺害しました。

以前にも、米国は、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)創設者のウサマ・ビンラディン(Osama bin Laden)容疑者や、直近ではイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の最高指導者アブバクル・バグダディ(Abu Bakr al-Baghdadi)容疑者の殺害作戦がありました。

米国防総省は、同司令官が「イラクと地域各地にいる米外交官・軍人を狙った攻撃を積極的に画策していた」と説明しています。

しかし、またまた、何が「正義」かという話になってきます。今までは、テロ組織リーダーだったので、ある程度の理解は得られたと思いますが、今度は、正規のイランの司令官です。当然、イランは大騒ぎになっています。

こういうことが日本で起こったり、日本政府がやったとすると、平和ボケの日本人はどういう反応をするでしょうね。

これが、現実の世界かなと思います。また、中東はきな臭くなってきました。

ちょっと心配です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スポーツ [D1.政治・経済・社会]

世界レベルで活躍できるチームや選手がいるとそのスポーツは人気が出て、そのスポーツ人口も増える傾向にあるようです。最近では、卓球ですかね。今の18歳の黄金世代は、特に女子は凄く、あの中国選手を打ち負かしたりしています。この世代は、やはり福原愛選手の影響とかがかなりあるようです。巷で卓球ブームになっている様子はないですが、ジュニアではブームのようです。中高生で、世界と戦えるという体格のハンデが少ないのも日本人には適しているようです。

女子ゴルフもそうです。宮里藍選手の活躍で、それに憧れたジュニアが、今は、これまた黄金世代と言われ、なんと昨年全英を制した渋野選手を筆頭に、多数活躍している20歳前後の選手がファンを増やしています。

ただ男子ゴルフは、松山英樹、石川遼選手以外は、ぱっとしませんね。今は、ゴルフはオジサンのスポーツとなっています。平日は、オジイサンしかいません。私はゴルフをしますし、後20年くらいはできると思うので、なるべく、若い人もやるように流行って欲しいものです。最近は、働き方改革で平日も普通に休みを取れるようになってきたので、若者は平日特別価格をだしたりして、プロモートしたりするといいかもしれません。

マラソンが参考になるかもしれません。最近は男女とも、全然世界には勝てませんが、高齢化とともに、日本は大ランニングブームです。私は、20年前から走っていますので、この20年間、ランニングがどんどんブームになっていったのを実感します。大きな大会は抽選になり、参加できなくなってしまったのだけは、不都合になった点ですが、ウエアとか随分ファッショナブルになりましたし、いろんなランニングイベントやレッスンとかも増えて、ランニングの楽しみが増えて行きます。

ランニングは、それこそQちゃんがちょうど20年前のシドニーオリンピックで金メダルとったり、世界記録を出したりして、その後の野口みずき選手もまた金メダルと、女子マラソンがピークの時もありましたが、その後は低迷しています。しかし、箱根駅伝に代表される駅伝は、青山学院大学の活躍もあり、観るファンを増やしています。また、オリンピック選抜を決めるためにMGCという仕組みを導入したりして、世界レベルでない選手同士の日本選抜ですが、それなりに年間を通して楽しめます。これは、陸上界が工夫しているからだと思いますし、高校、大学、企業と、知名度アップにもなるので、それこそ産学連携で、このスポーツを強化、サポートしていることになっています。

ゴルフも工夫しないと、ボーリングやスキーのような運命になるかもしれません。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

紅白歌合戦をみて [D1.政治・経済・社会]

6.jpg

AKB48はそのコンセプトが受け、HKT48とか各日本の地方でもどんどん展開されていて、最近はJKT48など東南アジアに拡大しているのも知っていましたが、紅白歌合戦で、各国の代表がきてスペシャルユニットが組まれていましたが、ベトナムやインド、チェンマイなど凄~く沢山のアジアの国に浸透しているのを知り、ちょっと驚きましたね。

また、アニソンの歌手も出ていて、世界中のアニメブームも手伝って、世界中で有名なそうです。

しかし、日本の文化が海外に浸透していくのは、政治で云々やるより、よっぽど、価値観の共有で理解し合える友好手段ですね。

海外からの旅行者も本当に増えてるし、日本が「モテ期」に入っているのを実感します。今年は、オリンピックイヤーなので、旅行客も激増するでしょう。2025年は大阪万博もあります。

世界中の人に日本をもっと良く知って欲しいですね。


しかし、郷ひろみは歳をとらんな~。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オリンピックに向けて [Others]

1964年の東京オリンピックは、私が7歳、小学一年生の時でした。学校で、オリンピックを皆で観る授業とかありました。あんなに海外の人を見るのは初めてでした。私と世界をつなげた一大イベントでしたね。それから私の夢は海外で働く事でした。

この頃から、家の前の砂利道はアスファルトになったりして、高度成長を子供ながら感じ始めました。高度成長とともに私も子供から大人に成長し、海外赴任を16年もやって、日本の発展に少なからずも寄与したと思いますし、海外の友人もたくさんできましたし、彼らから海外で大変世話にもなりました。

日本は、高度成長以降、ちょっと伸び悩んでします。また、東京オリンピックを契機にジャンプしないといけません。そのためにこのオリンピックは何としても成功させたい。また、海外で大変お世話になった人たちが日本に来て、困らないようにちゃんとお世話したいと思います。

なので、私は、ボランティアをやって、海外の人に楽しんでもらおうと思います。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2020年のゴルフ [A3.ゴルフ]

science_golf.jpg

もう28年と30年近くゴルフをやっていますが、なかなか上達せず、スカっとしませんね。まだあと20年くらいできるかもしれないので、ある程度上手くなって、ゴルフをenjoyしたいです。

2020年こそは、平均で100を切らないといけません。今年の計画は、12回で、延べ17ラウンドを予定しています。ちょうど春シーズン6回、秋シーズン6回という感じです。なんと合宿は5回です。

個人レッスンを増やさないと昨年と同じ結果になるのは確実なので、最低月1回の年間12回はしようと思います。近くの多摩川の練習場で週末にやるか、会社帰りのレッスンを追加するかですね。近くのショートコースとかで教えてくれるといいのですが。このショートコースも歩いていけるので、ちゃんと利用しないといけません。会社の傍のシュミレーションゴルフにも遊びに行きたいなと思っています。

オリンピックは、渋野選手とか頑張って欲しいですね。


1 3月28日 中東高輪会
2 4月25日 小寺ゴルフ
3 5月23日 10組春合宿
4 5月24日 10組春合宿
5 5月30日 高輪中東会合宿
6 5月31日 高輪中東会合宿
7 6月19日 敦平日ゴルフ
8 7月4日 10組夏合宿
9 7月5日 10組夏合宿
10 9月19日 10組秋合宿
11 9月20日 10組秋合宿
12 10月3日 中東高輪会
13 10月7日 10組ゴルフ
14 11月14日 10組冬合宿
15 11月15日 10組冬合宿
16 11月21日 中東高輪会
17 11月27日 敦平日ゴルフ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2020年のラン [A1.ランニング]

running.jpg

さて、2020年度のランです。今年は無謀にも6本のフルを走ろうかなと思っています。一番のハイライトは「グアムマラソン」です。Qちゃんがゲストなので申し込もうと思っています、カミさんも参加するかもしれません。あとは、日本で本格的な「横浜トライアスロン」です。

ランで新たな挑戦は、「トレイルラン」です。昨年始めようとしましたが、結局やらなかったので、今年はやろうと思います。これだったらカミさんもやってもいいって言ってましたので。

練習方法は、週末ランと月一の個人レッスンに加えて、年末に参加したPacerTrackClubの「インターバルトレーニング」に適時参加しようと思っています。後は、マイレージを稼ぐために、毎週一回は、走って帰宅しようとも思っています。最低、月100kmは走らないといけません。雨の日ようのグッズも買いましたので、「レイン・ラン」もしたいです。

トライアスロンのためにスイムの練習も必要です。今のところ、練習できるのは、港区スポーツセンターですね。土日は混んでいるようなので、平日の夜になりそうです。5kmなので、地下鉄で20分、走って30分ですか。大田区の区民プールも土日には行けますね。家から3.5kmなので、走っていきますか。

とにかく体重を60㎏に保つには、月何キロ走らなければならないという目標設定をすると言う事も大事なポイントです。


1 1月12日 ハイテクハーフマラソン【済】 ハーフ
2 2月2日 神奈川マラソン【済】 ハーフ
3 2月23日 FMヨコハママラソン【済】 10km
  3月1日 東京マラソン【済】 ボランティア
4 3月15日 板橋Cityマラソン【済】 フル
5 4月5日 グアムマラソン フル
6 4月12日 池上本門寺マラソン大会 10km
7 4月19日 かすみがうらマラソン【済】 フル
8 5月17日 横浜トライアスロン オリンピック
9 6月28日 昭和記念公園トライアスロン スプリント
10 9月27日 江戸前トライアスロン Semiスプリント
11 10月12日 東京夢舞いマラソン フル(歩道)
12 11月1日 横浜マラソン フル
13 12月6日 湘南国際マラソン フル
14 12月20日 足立フレンドリーマラソン ハーフ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2020年の目標 [Others]

1_Y3gT8AbL6vDQRViTgEZvHQ.jpg

さて、2020年はどういう一年にしましょうか。

今年のテーマは「進化」ですかね。昨年、復活レベルにまで持っていけたので、今年は、しっかり進化したいと思います。

とうとうオリンピックイヤーです。ボランティアもガッツリやって記憶に残る一年にしたいと思います。今から三年を人生のシニア段階に入る準備期間と位置づけ,その一年目というepoch-makingな一年にしたいと思います。その意味での「進化」ですかね。

会社帰りのパーソナルジムとゴルフの個人レッスンを始めようかなと思っています。

1月:第一週は、お休みです。毎日走りたいと思います。半年もサボっていたKickBoxingも再開しましょう。しかし、会社の帰りにジムに行くようにして、このKickBoxingはやめましょうかね。第二週は荒川でハーフマラソンです。6分/kmで2時間10分か、5分40分/kmで、2時間切りを目指したいです。2月中旬のボードに向けた準備もやらないといけません。中東会新年会で今年の活動発表。仕事はボードの準備が結構あり、また忙しい年明けになりそうです。

2月:しょっぱな1日が神奈川ハーフです。シンガポール時代の飲み会もあるかもです。2週目はボードです。確定申告の時期でもあります。前々職の同期会。3週目は月末まで長女が来る予定です。FM横浜で10kmです。第四週からは、タウンホールキャラバンとなります。

3月:1日は東京マラソンボランティアです。1週目は、タウンホールキャラバンの後半戦です。3週目は、荒川のフルマラソンです、楽しみましょう。4週目は、定期健康診断と株主総会です。株主総会までは忙しいですよね。月末より、桜ラン開始、ちゃんと毎朝走りましょうね。ゴルフも春シーズン開始で28日は高輪中東会です。5週目は、箱崎でファミリーデーです。ここらへんで、会社の駅伝イベントもいれたいです。

4月:半沢直樹の続編がスタートするそうです。またハマりそうですね。1日は入社式ですね。桜ランも楽しめます。週末からグアムマラソンにカミさんと行きます。Qちゃんも来るので参加を決めました。時期的にいい時なので、楽しければ毎年もありですね。2週目は、親戚の集まりが福岡であるかもしれません。3週目はかすみがうらマラソンです。4週目は、元上司とのゴルフです。5週目は有休をとって一週間は休みましょう。

5月:この月が一番忙しそうです。一週目は一週間米国へ出張です。二週目はボードと決算発表です。そして横浜トライアスロンです。初めての国内本格トライアスロンなので準備をちゃんとやらないといけません。面接が多数入る時です。3週、4週とゴルフの春合宿が立て込みます。風邪ひかないようにしないとですね。

6月:第二週から梅雨入りだそうです。2週目は大学のクラブの同期会。3週目はタウンホール、平日ゴルフ。4週目は昭和記念公園トライアスロンです。仕事はちょっと一段落ですか。

7月:第一週は、ゴルフ夏合宿です。第二週は脳ドック、大学ゼミの同期会。第4週がいよいよオリンピック開幕です。本社からも社長が来ます。トーチリレー時イベントに参加できるかもです。その後いよいよボランティア開始です。

8月:第一週がオリンピック観戦とボランティアです。63歳になります。第2週は、ボードと決算発表です。3週目は,タウンホールキャラバンと東京でファミリーデーですね。パラリンピックも観にいけたらいいですね。

9月:ここから仕事が忙しくなりそうですよ。第二週、大学のゼミ同期会。3週目はHRサミット、ゴルフ秋合宿。この時は4連休なんですね。第4週は江戸前トライアスロン。

10月:第一週、1日が内定式。中東高輪会。第二週、東京夢舞マラソン。第三週、人間ドックと10組ゴルフ。

11月:第一週、1日が横浜マラソン。ボスキャリで出張。第2週はボード、ゴルフ秋合宿。第3週は高輪中東会。第4週は平日ゴルフで秋シーズン終了。

12月:第1週、ATDサミット、湘南マラソン。第2週はボード、高校同商会。第3週、タウンホール、足立ハーフマラソン。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2019年を振り返って [Others]

GettyImages-1186555727-650x450.jpg

今年のテーマは「完全復活」でした。仕事も昨年転職したので、それを機動に載せる事、健康面も右脚が大分回復し、フルを走れるようになったので、いつものレベルまで戻すという事でした。ゴルフも平均100切りまでもう一歩でしたので100切りをというのも目標でした。


1月は、正月休みに、初孫に会いにLAに行きました。長女も来たので、楽しく過ごせました。ハーフも2本も走って、脚は完全復活になりました。

2月は義父が亡くなりました。一年前は元気だったのに。仕事は、年末からいろんな施策を2月に発表するために大忙しで、4月まではとても大変でした。

3月は、新体制の説明のタウンホールキャラバンで日本中10か所を訪れました。また、会社の同僚と初めて駅伝もやりました。株主総会も3月でしたね。

4月は、「令和」の時代が始まりました。また、東京オリンピックの選考面談などがあり、いよいよオリンピックだなと感じました。また、グローバル会議がありメキシコに一週間出張しました。また、シーズン最後のフルのかすみがうらマランソンも走りました。

ゴールデンウィークは、長女がハワイ旅行に招待してくれたので一週間行ってきました。特にマウイ島は凄く良かったです。あと、5月はゴルフ春合宿が2回もありました。

6月は、次女は一か月初孫を連れて日本に遊びに来てくれました。

7月は、またゴルフ夏合宿です。大学のゼミの同期会もやりました(結構皆で飲み、盛り上がりました)。

8月は、長女が出張で日本へ。会社でファミリデーを開催。社外講演もやりました。友人が結構駆けつけてくれ驚きました。仕事は10月までに戦略を作らなければならなくなり、また大忙しです。

9月からは、また英語の個人レッスンを始めました。学習モチベーションが上がる先生です。ゴルフ秋合宿、秋シーズン開幕です。

10月はでっかい台風がきて、多摩川が本当に氾濫しそうでしたね。長女がまた出張で日本に来てくれました。ラグビーのワールドカップは予期せず準決勝をカミさんと観戦できることになりラッキーで、にわかラグビーファンになりました。日本のOne Teamは強かったですね。

11月は、久しぶりにボスキャリに行きました。福岡マラソン、湘南マラソンと3週間で2本も走りました。特に湘南は5時間切ったのでマラソンは完全復活しました。また、福岡で亡親父の10回忌もやりました。

12月もいろいろありました。友達に病気が見つかりました。元上司とのゴルフも始まりました。


ということで、今年の目標はおおむね達成ということでいいでしょう。風邪もひきませんでした。


「仕事」は、結構大変な一年で、沢山の課題をこなし、充実していたと言っていいと思います。カジュアルウエアやテレワークも導入したので、働きやすい環境になりましたね。

「家族」という点では、次女にも2回、長女はなんと4回も会えました。とても二人とも遠い海外に住んでいるとは思えないくらい会えることができました。初孫かわゆい~。

人生生き方5x5=25の法則に照らして言うと(◎、〇、△、X)https://nasser.blog.ss-blog.jp/2014-12-29-1

1.「スポーツ・健康◎」:「ラン◎」は、完全復活でした。今後のフルの楽しむためにランニングをやろうと悟った年でもありました。用事があって予定していた「トライアスロンX」は出れませんでしたし、そもそもスイムの練習は一回しかしませんでした。「ゴルフ△」、これは、ちょっと期待外れでしたね。昨年、平均101までいっていたので、今年は当然100切りだと思っていたのに、まさかの104です。途中から、2打目を刻むことにしたので、大たたきが減って、上手くなったような気がしましたが、スコアは悪化しました。個人レッスンを1回くらいしかうけなかったからですかね。「筋トレX」は、長続きしないので、キックボクシングを昨年はじめて最初はいい感じだったのですが、この半年、ランとゴルフにかまけて全然行かなくなりました。お腹に脂肪が1.3㎏ついてしまいました。「健康メンテナンス◎」は、ふるさと納税で、カミさんと観光もかねて脳ドックツアーをはじめたりと、3回も健診を受け、また、Vitanoteで足りない要素もわかるようになったので、カルシウム、DHA,ビタミンをちゃんと摂取するようになりました。毎週のマッサージも継続しました。

2.「趣味△」:「旅行◎」は、正月にLA、GWにハワイに家族で行き、楽しみました。後は、ゴルフ合宿3回。海外出張が、1回です。「映画〇」結構行きましたね。ライオンキング、ロケットマン、記憶にございません、スターウォーズです。二子玉で食事、買い物して、夜の9時から観るというパターンが多かったですか。TVドラマは、ノーサイドゲーム、いだてん、グランメゾン東京、バチェラー3にハマりました。「アートX」昨年久しぶりに油絵描き始めましたが、今年は全く。9月より六本木勤務になったので、美術館観放題と思っていましたが、結局1回のみ。「料理・グルメX」:料理はもう趣味ではなくなりました。グルメは、二子玉においしいスペイン料理をみつけたくらいですかね。「ベース△」、練習を全然せず、まだSmoke On The Waterを完コピできません。ちょっとイマイチの一年でした。

3.「基礎能力〇」:「ブログ〇」個人、会社ブログは書き続けています。本も書きたいのですが、そこまではいけません。小説のネタ日記なのは付け始めました。「ボイトレ△」:一か月25分ですが、声の調子は良くなりました。元々、話し方教室として通っているのですが、もうすぐ6年になろうとしていますが、今や、老化による声のカスレを予防しているという感じです。「読書△」めずらしく本を読まなかった一年でした。23冊です。これは、通勤時間が短くなったのと、海外出張が減ったからですね。乗り物に乗っている時以外も時間をつくらないと読書量が落ちます。「英語〇」:経営層に外人が増えてきて、ほぼ毎日英語を使う環境になってきました。それで、9月から英語の個人レッスンも始め、ちょっと頑張りだした一年でした。「統計学△」通信講座をとって少し勉強しましたね。

4.「リベラルアーツ△」:「政治・経済△」言論TVのみです。「経営戦略△」ホワイトスペース戦略「マーケティング△」マーケティングサミットに参加しました。「歴史X」「心理学X」という事で、あまり本を読まなかった一年なので、当然ながら、リベラルアーツの学習も減りました。最近、中田のYtube大学なども視聴し始め、もっとMOOCsなどで学習する習慣をつくらないといけませんね。

5.「人事◎」:5つの専門性はどれも、新しい職場で全体戦略をつくったおかげで、どれも満遍なく深堀ができました。一段と専門性がついてきたと実感しました。


という事で、2019年の評価は「◎」ですね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インターバルトレーニング [A1.ランニング]

IMG_9359.jpg

右脚が大分回復して、ちょっと練習してフルマラソンを楽しもうというふうに楽しむコンセプトを変えたので、個人レッスン以外なんかないかなと思っているところに、なんでもインターバルトレーニングをやる練習会があるとネットでしり、今日、行ってきました。

参加費1,000円なんですよね。なんでも、もとナイキのランニングクラブの人たちが企画運営していてほとんどボランティアでやっているようです。若い男女がやっている企画で非常にユニークです。私がランニングを始めた20年前はオジサンのスポーツでしたが、その時小学生だった彼らが今、普通にランを楽しんでいます。今日は、過去最高の250人の参加だったそうです。ランがメジャーになって本当に良かったですね。ゴルフは衰退の一歩ですが。

この練習会は、毎週やっている感じです。平日夜にやったりもしているので、年間のランの練習に組み込みたいと思います。ランの練習がおろそかになりだす真夏とかに取り入れたいですね。今日は6分/kmx7本に参加しましたが、ほとんど負荷がかからず、本来のインターバルトレーニングにならなかったので、次回からは、5分半か5分に挑戦したいと思います。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

脳ドック [Others]

IMG_1075.jpg

今日はカミさんと二人で、1時間半かけて、三崎口の三浦市立病院まで脳ドック検査に行きました。ふるさと納税で行きましたが、通常でも頸動脈検査(3,500円)、脚の血圧検査(1,000円)と血液検査(500円)をいれて、19,800円なので、凄く安いですよね。まあ、田舎の病院ですので、MRIの器械を毎日フル稼働しているわけでもないので、ふるさと納税対象にして、安価に地元以外の人にもオファーしているのでしょうかね。もう一つ小田原の脳ドック検査は倍の値段でした。安いだけでなく、検査受ける人は我々二人でしたので、30分ちょっとで終了と、通常の人間ドックのように待たされることもなく簡単でした。

しかし、結局、近くの三崎港に行って、名物のマグロを食べ、写真のように、海産物市場があり、ちょうど正月用のかずのこやら、蟹やら、マグロを買い、クール宅急便で家に送りました。まだ時間があったので、城ケ崎まで観光しました。結局、いろいろお金を使いましたので、このふるさと納税の仕組みはうまくできているなと思いました。

まず、安価な「脳ドック」という事で、集客し、観光名所を宣伝して、地元でお金を落としてもらえれば、一石二鳥という感じなのですね。

カミさんと毎年行こうと言うことにしました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

体組成 [A5.健康メンテナンス]

さて、予定通り、港区スポーツセンターに行き会員登録をしました。これで、毎回500円で利用できます。施設は新しく広いのでなかなかGoodです。ネットで調べて体組成計のInBodyがあると聞いていたので300円を払いチェックしてもらいました。

う~ん、わかりやすい。お腹が1.3㎏分でているという結果です。これを筋肉に変えなさいとのことです。

毎月一回チェックすればいいらしいです。

年に2回と思っていましたが、もう少し行きましょうかね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

英語の学習 [C4.英語・外国語]

さて、62歳にもなってまだ英語を勉強しています。海外に16年も住んで、まだ、英語がネイティブ級になっていないのが、腹立たしい限りです。日本にいると英語の環境ではないのでなかなか上達しません。転職して、最近は、かなりの英語環境になってきましたので、この機会を利用して英語を上達させないといけません。

まずは、ちょっと休憩していた毎週の個人レッスンの再開を9月からはじめました。NYネイティブの先生です。vocabularyを増やすために、単語集を使い、その意味などを中心に会話して、暗記の助けになるようにしています。それでも年間50時間ですからしれているのかね。

後は、毎朝のCNNを見る事で30分くらいですかね。これで100時間くらいですか。後は、PrimeVideoで洋画を見るときは、英語で観ているくらいです。

これだけですね、やっているのは。

会社では、英語を使わないときはないので、それはそれでかなり役に立っています。

後は、個人レッスンでやった覚えてない単語をスマホにいれているので、本気で暗記にかからないといけないという事です。スマホの単語帳機能は結構使えるので、通勤途中で道歩いている時とかランニングの時も利用してみます。

しかし、今は、You Tubeとかで単語の覚え方とかいろいろ出ていて、学習がしやすくなりましたね。Vocabularyの量を測るサイトなんかもあります。それによると、Nariveの単語の量は20~35,000だそうで、10歳くらいで、10,000です。Non Nativeは、2,500~9,000だそうです。私は6,500くらいでした。そうすると最低でも10,000くらいには増やさないといけません。今やっている単語集(1,200語)を全部覚えると12,000くらいになるというので、まずはそれからですね。まだ覚えてない単語は半分もあります。Vocabularyを見える化できるとわかりやすいですよね。



Irish accent Englishにも慣れないといけません。今はYoutubeで結構学習できますので、なるべく視聴するようにしないといけません。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キクタンSuper12000 [C4.英語・外国語]

キクタン Super12000―聞いて覚えるコーパス英単語 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

キクタン Super12000―聞いて覚えるコーパス英単語 (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)

  • 作者: 一杉 武史
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2006/07/10
  • メディア: 単行本
2016年8月から2018年3月まで1年8ヶ月間、個人レッスンを受け、それ一旦終了し、2019年9月より、また再開しました。先週、やっとこの本を終わりました。といってもまだ、覚えていないのをおぼえなくてはいけませんが。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高齢化社会 [D1.政治・経済・社会]

私の子供の頃の1965年は、65歳以上の構成比は6.3%と、今の80歳以上の構成比8.7%を下回ります。現在の65歳以上の構成比は28.4%です。2040年、今から20年後、私が72歳の時は、35.3%と三分の一を越えます。これは、以前から予想されていたことで、人口予測は他の未来予測と比べて精度は高いです。

見た目で言うと、もう50歳以上になるとかなりくたびれていますね。男性は特に、頭髪が薄くなり、白髪になり、肥満になると、風貌が凄く変わってきます。昔より、肥満の割合は凄く増えているので、見た目の老齢化もかなり薄んでいると思います。

そうすると、「見た目高齢者」もいれると、人口の半分くらいが広義の高齢者になると思います。


人口がピラミッド型の時は、年功序列的な社会がうまくいっていたと思いますが、この超高齢化の日本では、そうでなく、若い層や高齢者層でも新しい発想を持っている人が、イノベーションをリードしていくような社会にしなければならないのでしょうね。それに、いろんなテクノロジーが、経験が浅くても、身体的に弱ってもそれを補完してくれるようになるべきですね。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2020東京オリンピック [A4.筋力トレーニング・その他スポーツ]

さてさて、オリンピックイヤーは後10日です。結局、2次募集に今日、女子サッカー準決勝に当選し、三種目を観戦できることになりました。陸上と女子卓球団体準決勝です。ってなわけで、観戦はいい感じでできます。後は、10日間、ボランティアをします。

会社の関係で、オリンピック前のトーチリレーでも少し関われそうです。

オリンピック20日間は忙しい期間になりそうです。その後パラリンピックか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

健康チェック [A5.健康メンテナンス]

歳をとってくると、以前よりもガタくるのが速くなるので、定期的にチェックを入れて、身体の調整をやらないといけません。

1)会社の定期健康診断が3月末頃にあります。これは、集団検診で、結構簡易的なやつです。

2)会社補助で人間ドックも年一回あります。

3)ふるさと納税で、脳ドックの検査が受けられると知ったので、今年からカミさんと受けることにしました。MRIだけでなく、MRA、血圧脈派、頸動脈超音波、糖尿、脂質、肝・膵臓検査もしてくれて、78,000円(実際18,450円)の寄付は安いですよね。

まあ、最近は、下記の5項目が問題で、加齢とお酒の影響が大きいです。コルステロールが高いのでDHAのサプリを飲むことにしました。

血清脂質(血液中の脂肪分の濃度 TCHO,LDL)   加齢、肝機能低下、禁酒(肝機能低下)・禁煙、食物繊維(青汁)、DHA摂取
消化器系(萎縮性胃炎・食道) C   食道:抗生剤療法、糖尿病は免疫力低下させる、食物繊維をとる 胃炎:高齢のため,Non食物繊維、低脂肪、高タンパク、禁酒禁煙
肝臓(rGTP)   禁酒        
糖尿病(空腹時血糖) B   加齢、食物繊維、カルシウム摂取、禁酒    
胆石(超音波) 脂肪肝 胆石   加齢、コルステロール胆石、低脂肪、高タンパク、ビタミンC、水2L、禁酒

4)昨年からやっているVitaNoteです。これは尿を送ると、どのビタミンが足りてないか教えてくれる優れものです。カリウムが足りないらしいです。

5)体組成診断:スポーツクラブに行っているときはチェックしていたのですが、今はしてないですね。これは筋肉量が測れていいです。20歳から60歳になると、筋量は上肢で10~20%、下肢で20~40%減だそうです。港区スポーツセンターで、300円で測定してくれるようなので、ここで定期的にチェックしましょうかね。

6)体力測定:これも、港区スポーツセンターでやっているようなので、年一回チェックしましょう。


毎年、定期的に受けることが大切です。

1)、2)、3)は健康診断なので、ちゃんと定期的に間隔をあけたほうがいいですね。1)は3月~4月なので、まあ、3月にしましょう。そうすると4ヶ月毎に受けるとすると、3)の脳ドックを7月、2)の人間ドックを11月にしましょうかね。

4)摂取ビタミンのチェックは、毎年8月にやっているので、誕生日にやりますか。

5)6)体組成は、まず港区スポーツセンターに登録しないといけないので、年末に行って、ついでに体組成と体力測定両方やりましょう。年末の恒例行事にしましょうかね。体組成だけは、6月頃にもう一回やってもいいですね。


ということで、3月:定期健康診断 6月:体組成チェック 7月(夏合宿後):脳ドック 8月(誕生日):VitaNote 11月:人間ドック 12月(年末休暇):体力測定、体組成チェック という感じで回しましょう。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

2019年のゴルフ [A3.ゴルフ]

今年は、17回、平均スコア104.3、PT39と低調です。昨年が101.7、PT40 なので、凄く悪くなっています。どうしたんでしょうね。体感的には、非常にうまくなっている実感があるのですが。

「ゴルフは再現性の精度を競う競技」と誰かが言っていましたが、その通りで、スウィングが上手くなっても再現性が低いとスコアメイクには貢献しないということでしょうか。

ティーショットはいい感じで推移しているので、なおさら他のショットを改善しないといけません。


  F SP/U LI SI PT
2016年度 57% 41% 40% 46% 64%
2017年度 55% 45% 43% 46% 75%
2018年度 55% 46% 50% 58% 62%
2019年度 60% 44% 52% 55% 67%

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2019年のラン [A1.ランニング]

graphsly=monthly&year=2019.png

今年は、練習会、棄権をいれて10回でした。後半からは、脚の状態も良くなって、ほぼ全盛期のコンディションに戻ってきたのは、嬉しい限りです。特に、福岡、湘南はフルマラソンを久しぶりに楽しめました。今後のフルマラソンの楽しみ方も習得したので、今後のラン人生が豊かになりそうです。

シューズも厚底を購入し、いい感じです。

graphsly=yearly.png

106 1 1月12日 TAMAハーフマラソン ハーフ 棄権  
107 2 1月20日 スポーツメイトラン川崎多摩川河川敷マラソン ハーフ 2:37:47 7:29
108 3 2月24日 FMヨコハママラソン 10km 1:06:06 6:37
109 4 3月17日 多摩川リバーサイド駅伝 駅伝    
110 5 4月14日 かすみがうらマラソン フル 5:48:15 8:15
111 6 4月21日 Bicycle Ride 2019 30kmBIKE    
112 8 11月10日 福岡マラソン フル 5:19:58 7:35
113 9 12月1日 湘南国際マラソン フル 4:52:15 6:55
114 10
12月
28日
PACER練習会 1kmx7本    

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ゴルフ [A3.ゴルフ]

S__7487492.jpg

今日は、流石に寒いと思いましたが、暑いくらいでした!


相武カントリー倶楽部 104(53/51)  F(54% 7/13),SP 2/4 U 1/3(43% 3/7),i4 0/0,i5 6/9,i6 0/1,i7 1/3, i8 0/4(41% 7/17) i9 1/1, P 0/0, A 3/5,S 3/6(58% 7/12) AP 1/3(33%),BS 1/2(50%) PT 2/7 (29%) PT39(78% 14 2パット以内/18)  合計53% GDO HP 30.1

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ランニングの歴史 [A1.ランニング]

1999年からの21年間のランの歴史を振り返ると、第一黄金期が、2000年43歳から2001年44歳までの2年間の福岡時代です。第二黄金期が2007年50歳から2008年51歳までの2年間の東京時代です。この二つの時期に「サブ4」を達成しました。2010年54歳から2012年56歳の3年間のシンガポール時代も「トライアスロン」を始めるなどアクティブな時期でした。

こういう時期は、フルでも最初のハーフはとても楽しく走れてマラソンが超楽しい時期です。

2017年60歳から2018年秋の61歳まで1年半は、厄年なのか、脚を痛め、走るどころか歩く事もままならい状態でした。それから、やっと復調し、シンガポール時代くらいにまで復活してきました。

これは、「ランニングの姿勢の矯正」のおかげです。走れなくなったのは、ランニングの姿勢が極端な「反り腰」になっていたからです。それで、脚に炎症を起こさせたのだと思います。今でも、まだ右脚裏が痺れています。それをこの1年半、走り方の個人レッスンを受けて、姿勢を矯正しているのが大きいです。フルの後、以前は体の後ろ側がひどく痛んでいましたが、今は、それほどでもありません。

やはり、何でもトレーニングですかね。レッスンを受けるとそれなり効果があります。自分で毎週走っても、月一、一時間のレッスン受けるだけで全然違うのを実感します。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

湘南国際マラソン [A1.ランニング]

IMG_1007.jpg

さあ、三回目の湘南国際マラソンです。一週間前は、降水確率80%でブルーになっていましたが、直前には晴れのち曇りで、気温も8度から14度と、「ちょっと暑いのでは」というくらいの気温に変わりました。

この大会は東京に次ぐ2万人の規模なので、スタートする前のいろんな事が非常に時間がかかります。

まず5時半に多摩川から電車に乗り、6時に横浜駅に着き、そこから、大磯の会場まで直行バスに乗ります。前回は、駅から会場まで50分も歩きましたので、今回は準備よしです。会場には7時15分くらいに着きました。そこから、荷物置き場までが偉く混んでいて30分くらいかかったでしょうか。全てを終えて集合地点に着いたのが8時です。しかし、まだ一時間もあるし、トイレに行ったりしましたが、8時15分ごろからは整列してスタート地点まで移動して待つという段取りでした。2万人もいるとこんな感じですかね。

さて、隣で「雨が昼頃から振るよな」とか不吉な事をいう集団がいます。「え~、自分が見ていた気象情報は間違っているの?」とか思い、何度も確認しましたが、予想は曇りです。しかも、気温が上がっても、松林が日蔭を作ってくれて、最高のコンディションになりました。結局、天気予報道どうりでした、この人達はなんだったのでしょうか!?

まあ、それもご愛嬌です。スタート地点でずっと並んでいると、「あの4時間のペースメーカーの先を走り、最後にどれだけ持ちこたえるかだよな~」とか言う人がいました。そういえば、12年前にここで、2度目のサブ4を達成したのを思い出しました。どんな人が言っているのだろうと振り返ると、中年のデブったオジサンです。「ふ~ん、こんな感じでもサブ4を狙えるんだ」と感心しました。

てな事を思いながら、いよいよ9時のスタートです。気温は8度で風があるので、寒いです。雨用の薄手のウインドブレーカーを着こんで走ります。しかし、1kmも走るとすぐ暑くなり、半袖で行きます。前半は6分半で行こうと思っており、それで刻んでいきます。普通、最初は脚も軽く楽しく走れますが、きつくはないですが、それほど快適でもありませんでした。しかし、給水いれても確実に6分半は刻めます。20kmも2時間10分といい感じです。後半は少しペースが落ちたり、給水所の滞留時間が多くなったりします。しかし、7分くらいで刻まました。結局最後まで失速することなく、あのサブ4を狙っていたオジサンも抜いて、後半はグロスで7分半ペースになり、平均6分55秒で、4時間52分15秒という記録でゴールインしました。この記録は、シンガポール時代に結構走りこんでいた時期の7年前、55歳くらいの記録に戻った感じです。

やはり、マラソンは、達成感がありますね。ゴールした瞬間からドヤ顔です。

調子に乗って、3月の「板橋Cityマラソン」に申し込んでしまいました。

今後はフルを基軸にレースを組みます。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の30件 | -